« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月 アーカイブ

2007年09月01日

けっこうオイシイ情報?(⌒‐⌒)にんやり

今回は緊急のお知らせです。

トップクラスのインフォプレナー葉山さんから緊急のオファーが届きま

したのでお知らせします。

とんでもない情報を入手しました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ただ、この情報をお伝えするには、ひとつだけ【お約束】があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 8月25日頃まで 】は、誰も知らないシークレット事項ですので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それまでは絶対に口外しないでさいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まず、情報ビジネス【億の夢道】のセールスページをチラッとご覧下さい。

⇒ http://hellow.pinoko.jp/j-data/oku.html


このセールスページは、【 8月25日頃 】大幅に変更になるそうです。
しかし、販売商品は同じです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、何が変わるのか?
それは・・・


■8月31日までに【億の夢道】をご購入された方に限り、

・ 9月中旬~9月下旬に販売予定の「 情報商材作成ノウハウ(仮称) 」を、
  販売価格24,800円に対し、


  「 3,800円 」で購入できる権利を取得できます。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   ★「 情報商材作成ノウハウ(仮称) 」とは?


⇒ 例えあなたが初心者であっても、情報商材をザクザク作成できる、究極の
  ノウハウです。

⇒ 「それって本当?」
  はい、事実です。
  現に、販売者の葉山さんは、この1ヶ月間で商品を7つ完成させました。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  まだ、敢えて発表されていないだけです。
  分野も様々。


  ・情報ビジネス系商材
  ・ダイエット商材
  ・英語商材
  ・投資商材
  ・会員制ビジネス
  ・シークレット2つ


重要な事は、【葉山さんだからつくれたのではない】ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
初心者でも作成できる、


【あらゆるパターンの商材作成方法】が、
【あらゆる難易度別】に


「これでもか!」

というくらい網羅されているとの事です。


⇒ なんで、情報ビジネス【億の夢道】を購入しないと、
「情報商材作成ノウハウ(仮称)」を「 3,800円 」で購入できない
のですか?


理由は、シンプルです。

「情報商材」を仮にあなたが何個つくろうが、マインド・ビジネスの基本、
マーケティングが分かっていないと「継続的な成功」には繋がりません。


ですから、情報ビジネス【億の夢道】購入者様に限り、先行販売期間で格安提供
をすることにされたそうです。


⇒ アフィリエイターでも使えますか?


アフィリエイターの方こそ、ある意味大チャンスかもしれません。
まず、アフィリエイターの方でも


情報ビジネス【億の夢道】はかなり役に立ちます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その上で、「情報商材作成ノウハウ」を手に入れた場合、何が起るか
思い描けますか?


・ 情報起業家としても活動できる
・ オリジナルのアフィリエイト特典を次から次へと作成していける
・ 無料レポート作成もサクサク増産できる


まだまだあるのですが、それはお楽しみということでお願い致します。


【重要】

■■■ それだけではありません。もっと驚愕の事実が! ■■■


8月末までに、 情報ビジネス【億の夢道】を購入いただけますと、

・情報商材作成ノウハウ(仮称)


以外に、今後弊社が「インフォトップ」で発表していく
ビジネス系商材は全て販売価格の


      50% ~ 30%OFF


で先行販売期間にお求めいただける権利を獲得していただけます。
どれも、数千円で購入できるというとんでもないメリットです。


さあ、情報ビジネス【億の夢道】のHPの更新は、【8月25日頃】
ですが、それまでにお申込みいただくメリットはもうひとつあります。


● 現在プレゼントしている冊子版は、在庫が100を切りました。
 【8月25日頃】にHPを更新すると、一斉に申し込みが殺到して
 冊子版をプレゼントできない可能性が高いです。

 今なら、【確実に】手に入れることができます。

今すぐコチラからご覧下さい!

⇒ http://hellow.pinoko.jp/j-data/oku.html

2007年09月07日

さっき数えたら・・・・(ΘoΘ;) ゲゲッ・・

運営しているブログの数を数えてみたら、なんと67個もあった・・・・

もちろんMovableTypeのブログも入れてだけど・・・・・

それとサイトの数も40近くあった・・・・・・

すっかり更新を忘れていたサイトもずいぶんあったァ~~・・・・

ヽ(^o^;)ノ・・・まったく意識せずに、こんなに作っていたのかァ・・・私・・・

この中で更新を続けているのは・・ええっと・・・30パーセント位かな・・・・・・

これが限界かぁ・・・・と思っていたのですが・・・・フフフ・・・・・

『ロボットくん』を購入したから、これから徐々に生き返らせていこうとたくらんでいます。

MovableTypeブログの方は、Seesaaと違って、Googleにサイト登録できるし、すでにサイトマップは仕込んであるし、そのうちビシバシ生き返らせてやる!


(;^_^Aフキフキ でも・・・ライブドアのブログとか、FC2ブログとか、忍者ブログとかはサイトマップって・・・仕込めるのかな・・・・

それに『ロボットくん』の能力もまだ未知数だから、ここであまり浮かれない方がいいかもしれない・・。

『PLAMO』やt『マッド・アフィリエイター』、『オート・リフレッシュマスター』で作ったサイトは簡単に更新できるけど、手作りのサイトは更新が面倒だな・・・・

ふふふ・・・でも最近、ある裏技を発見してしまいました!

現在、まったくいじっていなかった『猛獣アダムとイブ』のHTML機能を使って、たまってきているRSS情報をHTMLに変換して、コピペしてページを増やす方法・・・・・

さっそく・・・死にかけのブログや、もうすでに死んでいる(北斗の拳みたい・・・)サイトを復活させる作業に入ろうっと・・・

クローラーが回ってくるのをアクセス解析で、毎日チェックしなくちゃ・・・・


なんだかんだ言って・・・実は・・心境は、そうとう『ロボットくん』に期待しているな・・・私・・・

大丈夫かな・・・??・・・σ(^_^;)?私?・・

とにかく、みなさん『ロボットくん』インプレッションをお楽しみに!!

2007年09月12日

今回はちょっとPRってことで・・・

ネット上でビジネスを展開している人だったら、自分のサイトのPRにはずいぶん悩んでいるんではないでしょうか・・・?

私も最初はそうだったんですが、本当に焦燥感が・・・・

( ++)ξ・・・イライラ・・・なかなかアクセスが集まらない・・

メルマガも何種類か発行しているのですが、最初のうちはなかなか読者も集まらなくて、本当に頭をかかえてしまいました。

リードメールサイトとか、その他の広告サイトにお金を払って依頼しても、なかなか元が取れない状態だった・・・・・

(o^-')b  ここで、久々にPRしちゃいますね!

私が代理店契約しているビジネス支援サイトですが、かなり役に立っています。
統計を取ってみましたが・・・だいたい、3回目くらいの配信で成約率がドンとアップします。

扱う商品や、メールのタイトルにもよりますが・・・・

DMの場合も配信スタンドを利用する場合も、メールのタイトルの付け方で、そうとう大幅に成約率に差があることもわかりました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

------------- ◎ ビジネスにお役立てください ◎ --------------

★ダイレクトメール用メールアドレスのリストを超・低価格でご提供!
常に最新のリスト(ほぼ2週間毎に更新)を準備致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://hellow.pinoko.jp/j-data/dimel_com.html


★<<< メール配信スタンド >>>
配信件数38000件以上の独占広告配信サイト。
購読者の属性はインターネットで起業している方が多いのでビジネス関連広告には効果があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://hellow.pinoko.jp/j-data/mel_com.html


★<<< ブログのトラックバックへの広告 >>>
メルマガ広告を圧倒した”新しい広告手段¥2000
広告を出したその日からアクセスUP確実。
多くのインターネットビジネスの成功者は実践中!
成功者の必須広告手段となっています。
メルマガ広告との大きな違いはアクセスが継続する事です。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://hellow.pinoko.jp/j-data/bl_com.html

-----------------------------------------------------------------

いつもメルマガでPRしていて、このPRをこのブログで行うのは初めてなんですが、もし興味があったらのぞいてみるだけでもフンフン・・て感じで、何かの参考になるかも・・・・

ということで、今回は掲載してみました。

\(^_^ ) ( ^_^)/ドモドモ

2007年09月26日

AdSenseで収益アップするための5つの秘訣

Google Adsense は、世界中の多くの人々が自宅で気軽に利益を得られる新しい種類のプログラムです。
現在では、誰でもコンテンツ型ウェブサイトを生成し、Google Adsense プログラムに登録することができます。
さらに、そこから多額の利益を得られるかもしれないのです。


「多額」といっても、「巨額」ではありません。 複数のウェブサイトを運営し、それらをアドセンスプログラムに登録しているWebマスターの場合は、毎月150万円もの収益を挙げている例もあります。
ホームページを1つだけ運営しているWebマスターの収益は数千円~30万円程度です。

こうした驚くべきサクセスストーリーの影には、アドセンスで奮闘した結果、1日せいぜい数十円しか稼げないWebマスターもいるのです。

彼らはどこで失敗したのでしょうか。 成功したネット起業家はなぜ成功したのでしょうか。


ここでは、オンランビジネスをアドセンスプログラムに登録しているWebマスターが成功するための5つの秘訣を紹介します。



1.何はともあれキーワード。
Adsense で収益を得ることを目的としたオンラインビジネスの場合、何より大切なのは適切なキーワードを選択すること、そしてそのキーワードを適切に利用することです。
広告主のウェブサイトに誘導する広告は、アーティクル内に挿入されているキーワードによって異なります。

Google Adsense 広告はコンテキスト連動型です。つまり、記事の内容に関連する項目が掲載されます。
さらに、アーティクルの内容は、選択したキーワードとその利用方法に反映されます。

犬に関するウェブサイトであっても、「犬」という単語よりキーワード「猫」の出現回数の方が多い場合は、不適切な広告が掲載されてしまいます。
さらに、インタネットユーザーは、Webマスターが使用するキーワードを通じてそのウェブサイトを探し当てます。
つまり、販促を成功させるには、適切なキーワードを選択することが極めて重要だという事です。



2.アクセスの重要性を過小評価していませんか?
トラフィックはオンラインビジネスの生命線であり、ここに、Adsense に集中する努力が含まれています。
アクセスがなければ、いったい誰が広告をクリックするのでしょうか?。

そう、あらゆる戦略を実施して、何としても必要なアクセスを獲得することが非常に重要です。
これらの戦略には、SEO(検索サイト最適化)、アーティクルマーケティング、フォーラムマーケッティング、リンクの生成などがあります。キーワード広告(ピーピーシー広告)もその1つです。



3.的確なターゲットへのアピール力は十分かもしれまんが、適切な広告が掲載されているでしょうか。
Adsense プログラムは機械システムによって実行されるので、多少のミスはあり得ます。

適切なキーワードを使用していても、自分のWebページに期待どおりの広告が表示されるとは限りません。
特定のキーワードに対応する広告をチェックするには、そのキーワードを使用してGoogleで検索を実行してみます。

検索結果ページの右側に表示される広告を確認してください。大体、それらと同じ広告が掲載されます。
掲載される可能性がある広告をさらに詳しく調べたい場合は、Adsense Sandboxを使用してください。



4.広告の配置はプロセスの不可欠な部分です。
広告の掲載に適した場所と、適していない場所があります。 単純なことです。
広告の認識率が低いことがわかっている場所に広告を掲載しても、誰もクリックしてくれません。
一方、Webページ内のふさわしい場所に広告を掲載すれば、クリック率が劇的に向上するでしょう。
広告掲載に適しているのは、Webページの右側および右上(ページ・ヘッダーの下)です。
通常、これらの場所にはナビゲーション・バーが配置されています。



5.広告の表示の仕方が、違いをもたらします。
一般に、バナーや水平バナーはあまりよい選択とはいえません。 見え透いた広告だと思われるだけです。
ボックス型のリンク広告にするか、ページ最上部に水平のテキストリンクを挿入した方が、利用者のクリック率が向上します。

2007年09月27日

AdWordsはギャンブル - PPCキャンペーンでウェブマスターがおかしやすい5つの間違い

アドワーズは常に博打です。

入門者は、大切なお金を投資して可能性のある成果を求めます。
ハイ、可能性のある・・・ 投資額が大きくなるほど、Webサイトへのトラフィックを増やすことができます。

次に、掲載したあなたの広告を実際に何人のユーザーがクリックするかはまったく保証がありません。
クリック数はさまざまな要因によって左右される上、掲載主は何ともしようがありません。

3番目に、クリック数をある程度増やすことができたとしても、それで成約率(コンバージョンレート、獲得率)が向上するという保証はありません。
利用者が広告をクリックしただけで、実際の売上や利益などに結び付くでしょうか。
必ずしもそうではありません。


アドワーズゲームにはさまざまな変数があります。

これらの変数の一部が失敗する理由を正確に特定することで、ほぼ確実に回避することができます。
ペイパークリックキャンペーン戦略の強化につながります。


以下はAdwordsに関する一般的な4つの間違いです。
コストのかかるこのプロモーション戦略を最大限活用するためには、以下の注意点に気を付けてください。

1)クリックが即座に売上につながると信じている。
広告をクリックして、自社のWebサイトにアクセスしたからといって、そのユーザーが必ずしも自社製品を購買するとは限りません。そんなにあまくはありません。優れたコンバージョンレートを誇る販売ウェブサイトでさえ、実際の販売率はなかなか読めません。常に、不測の事態に備えておく必要があります。こうした不確実性に直面する場合はなおさらです。ピーピーシー(コストパークリック型)アクセスでは情報収集に重点を置くべきです。情報収集ページ(可能であればスクイーズ・ページ)を生成して、アクセス者のコンタクト情報(名前・電子Emailアドレス)を入手してください。こうすれば、クリックごとに発生する料金が、一度のトラフィックに対する投資としては見合わなくても、見込み顧客と良好な関係を築くことにより将来の売上につなげることができれば投資に見合ってくるのです。


2)あなたの広告の中で、その製品ならではの特長が明確になっていない。
広告メッセージの文字数は限られています。見込み客の注意を一瞬で惹きつけるような、魅力的な広告でなければなりません。ところが多くの広告主は、広告を目立たせること、注目度を高めることに集中するため、いくつかの必須要素が損なわれます。広告では必ず、販促対象となる製品やサービスの特徴を強調してください。本当に求めているのは、単なる好奇心でウェブサイトにやってくるインタネット利用者ではなく、良質なトラフィック者です。


3)販促に不可欠なキーワードを決定していない。
インタネット利用者が関連キーワードを検索するたびに、出稿した広告が表示されます。したがって、PPC販促では、適切なキーワードの選択が欠かせません。信じられないかもしれませんが、不適切なキーワードが原因で、多くのPPCキャンペーンが資金を無駄にしているのです。PPCで使用するキーワードを選択するにはちょっとしたノウハウがあります。このノウハウを習得すれば、その後のPPCで大いに役立ちます。


4)販促の複雑な仕組みを理解していない。
PPCキャンペーンがさい先よくスタートしたからといって、そのままにしておいてよいわけではありません。対応する統計データを詳しく調べる必要があります。トラフィック者はどこから誘導されてきたのか?広告主のウェブサイトにどのくらいの時間滞在しているか?想定したページへトラフィック者を誘導できているか?その後、PPCキャンペーンを調整する上で、こうした情報が重要な役割を果たします。結局、キーワードが不適切であったことが判明するかもしれません。こうした事実を明確に認識するには、キャンペーンを追跡する以外に方法はありません。


5)適切な入札額を入力していない。
使用するキーワードの入札価格を指定する必要があります。しかし、「入札」という用語は「競争」を意味しています。特定のキーワードについて競争しているのですが、法外な金額を費やす必要はありません。自分が「適正」と感じ、失っても差し支えのない金額を入札してください。Adwords広告は博打です。信頼できるとはいえ、ギャンブルであることに変わりはありません。常に、損失額を最小限に抑えるように心がけてください。

2007年09月28日

Co - Registration(協同登録)??

今、英語圏で毎日話題に上るCo - Registrationについてお話します。


何だそれ?


そう想いました?


簡単に言えば、フリーレポートサービスをイメージしてみてください。
何かと引き換えにハウスリストをグループで収集させてもらう方式です。


これが結構ブームです。


さまざまな工夫が取り入れられているようですが、非常に重要なポイントがあります。


協同でメールmagazine登録してもらう場合、そのメールmagazineのジャンルが相互に関連あるものであることが重要です。


例えば、何かギフトを貰うのと引き換えに:

ダイエット
中古車の購入方法
イーブック出版の方法
・・・

など、脈略もないメルマガを強制的に読者登録してもらってもあなたのメルマガはゴミ箱へ直行か、購読解除になってしまいます。


ですから、相互補完できるような記事を提供できる仲間を募り協同でメルマガ読者登録できれば理想的です。


メルマガ協同登録も、リスト構築のスピードが多少落ちるとしても、コツコツ相互補完できるような関連性のある良質なメルマガ発行者とJV(JV)形式で勧めていく、質重視の選択肢もぜひ、考慮されたらいかがでしょうか?


でも、そんな仕組みを導入するにはシステムが必要です・・・・


ハイ!協同登録を自動化するにはシステムが必要ですね!



もし、自動化をしたいのならお勧めは:
メルマガリストヴィルダー
http://www.merumagalistbuilder.com/

このソフトがあれば、フリーレポートサービスのような仕組みをあなたが主宰することができますよ。

2007年09月29日

Webサイトに必要なバックリンク数の判断方法

リンク獲得がサーチエンジン最適化(SEO)販促の核心部分である - あるいは、核心部分であろう - ことは公の事実です。
現に、SEO対策の1つであるオフページ検索エンジン最適化は、自分のホームページへのバックリンク(被リンク)をできる限り増やす方法に焦点をあてています。

確かに、サーチエンジンでのレビューはリンクがすべてです。
自分のURLへリンクしているホームページが多いほど、サーチエンジンの結果ページで上位に掲載される確率が高くなります。

リンク獲得は、決して終わることのない永遠の戦いです。
Webマスターは、ホームページへの被リンク数を増やす努力をやめるわけにはいきません。
被リンク獲得は、PRを上げ、検索エンジンの結果ページで上位に掲載されるための必須条件です。
さらに、現在のページランクを維持し、ホームページの優位性を保つためにも、被リンク数を増やす必要があります。

そこで、誰もが疑問に思うのは、「ホームページに必要なリンク数は具体的にいくつなのか」という点ではないでしょうか。

残念ながら、単純に「いくつ」と答えることはできません。



「リンクの質はすべて同じではない」

他のWebマスターから獲得できるリンクにはいくつかの種類があります。
それぞれ性質も異なれば、検索エンジンによるレビューも異なります。
必要なリンク数を判断するには、まず、どのようなリンクが良質で、どのようなリンクがそうでないのかを把握していなければなりません。



リンクには以下の種類があります。

1.URL自体がWebページに記載されているプレーンリンク
これらのリンクは、あなたのホームページのページランク向上に貢献します。
URLに対象キーワードが含まれていれば、さらに効果的です。


2.自分のホームページの正式名に設定されているリンク。
自分のホームページのタイトルにキーワードが含まれている場合は、この種のリンクもページランクの向上に役立ちます。


3.関連キーワードに設定されているリンク
最も望ましいリンクです。ページランク向上に最も役立つのがこの種のリンクです。


4.文脈依存リンク(アーティクルの本文に設定されているその他のリンク)
一般に、従来型リンクより影響力があると見なされています。


5.ディレクトリ内のリンク
ディレクトリ・ページやリンクページのように、その他さまざまなリンクと一緒に記載されているリンクです。
これらのリンクにも影響力はあります。ただし、その度合は、ページあたりの実際のリンク数
(ページ内のリンク数が多いほど、リンクの価値が低くなります)
および自分のウェブサイトへのリンクと同一ページ内のその他のリンクとの関連性によって異なります。




「まずは、最も価値のあるリンクを獲得する」

言うまでもなく、キャンペーンの一番の目的は、対象キーワードに設定されたリンクを獲得することです。
この種のリンクは最も高くレビューされるので、検索エンジンの結果ページで、確実に上位に掲載されるようになります。

もちろん、口で言うほど簡単ではありません。

しかし、目指す場所が分かっていれば、より効率的かつ効果的にキャンペーンを進めることができます。忘れないでください。
リンクの質はすべて同じではありません。何よりまず、良質なリンクを獲得することを心がけてください。




「そして、実際に必要なリンク数は?」

一概には言えません。すべては、競争相手が獲得しているリンク数しだいです。

ただし、以下の規則に基づく2つの方法で、必要なリンク数の目安を判断することができます。


1.対象としている各キーワードについて、上位10件のウェブサイトを確認します。
それぞれの被リンク(被リンク)数を比較したとき、上位10件のウェブサイトの半分以上に勝っている必要があります。


2.対象としている各キーワードについて、上位3件のウェブサイトを確認します。
これらのウェブサイトより、少なくとも40%増の被リンク(被リンク)を獲得している必要があります。

競合ウェブサイトの被リンク(被リンク)数は簡単に確認できます。
http://www.linkpopularity.com/などの無料ツールで、競合相手のURLを実行するだけです。


上記2つの回答のいずれかを達成すれば、検索エンジン・ゲームで優位に立つことができます。

2007年09月30日

あなたのアーティクルが加速する3つの理由

あなたは、まだきっと記事という新しいコンセプトが本当に受け入れられるのか不安に思っているのではないでしょうか?
でも大丈夫です。安心して下さい。今から私がお話する3つの理由を聞けばきっと納得出来るでしょう。



その1:2007年には、記事ディレクトリが次から次へと立ち上がります。
そう、サーチエンジンがヤフー1つでは済まなかったように大中小と様々な規模様々なテーマでアーティクルディレクトリが乱立します。

つまり一度あなたの書き上げた記事は2度でも3度でも再利用が可能となります。
貴方の記事露出度と被リンク数増加の可能性は、100倍にも1000倍にも膨れ上がります。


その2:記事活用ノウハウ、ソフトやスクリプトが次々登場します。
この事が何を意味するのでしょうか?これは、パブリッシャー(発行者)の数が膨大に膨れ上がる事を意味しています。
アーティクルを利用する事のメリットをより深く理解し、より簡単に活用出来る環境が急速に配備されます。


その3:検索エンジンインデックスの限界を超える。
私は、良くこんな話を耳にします。「ブログで一度書いたアーティクルを再利用しましょう。」
はい、これはとても良い事だと私は思います。複数のブログサービスとドメインを所持しアーティクルと投稿していくという方法です。
何故このような事が流行り出したのでしょうか?

その答えの一つは、グーグルインデックスにあります。
キーワード検索された時に表示される検索結果出力ページがありますが、このページに表示される時にキーワードマッチしたページを貴方が複数所有していたとしても表示されるのは1度メインに付き2つまでと決められているからです。
つまり、どんなに頑張っても検索結果のページ内に表示される貴方のページ数は2つが限界という事になります。
これを回避する為に複数ドメインでの展開が注目されるようになってきました。



さて、話をアーティクルに戻すとしましょう。

あなたのアーティクルが沢山の人に利用されるようになったらどうなりますか?
ちょっと想像してみて下さい。

これは、パブリッシャーの方々にとっては悪い表現方法かも知れません!

あなたは、お金をかけずに無制限で沢山のドメインを占拠してしまう事が可能となるわけです。
そう、貴方のハイクオリティーなアーティクルをパブリッシャーは、使わずに要られなくなるというわけです。

貴方の書き上げたアーティクルは、複数のドメインを跨ぎ検索エンジンインデックスの限界を超え隅々まで浸透していく事でしょう。

About 2007年09月

2007年09月にブログ「アクセスアップSEOデータベース」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年08月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


情報起業ジュゲム

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Powered by
Movable Type 3.35